人気ブログランキング |

ブログトップ

肥満細胞腫。

福助が厄介な病気です。はじめて聞きましたよ『肥満細胞腫』……。悪性腫瘍に分類されるものだそうです。
f0143269_22573327.jpg

治療の第一選択は【腫瘍の周囲の正常な組織を、3センチほどの余裕をもって広範囲に切除】などの記載があるのですが……、さらに厄介なのが、福助の腫瘍の場所。
f0143269_23175125.jpg

目の上なんです……。こんなのただのカサブタかなんかだと思いました。白くポチっとなっていた最大直径3〜4ミリくらいの楕円形のしこりでした。先生の見た様子だとその周りにも腫れがみてとれるそうです。
f0143269_2319559.jpg

福助くんは今のところとても元気です。
f0143269_23201049.jpg

でも、患部をちょっとさわったりしても、悪事を働きかねない厄介な腫瘍だそうで、なでなですらしちゃいけないそうです。それなのに、あぁそれなのに、おっとさんは、福助の顔(患部を)をしわくちゃにいじりたおしながら『腕白が一番!』と話かけたり、おっかさんに至っては、美容ローラーで顔(患部を)を『お前も良い男になれよ!』と擦ったこともありました。知らなかったとはいえ、スマン福助。
f0143269_22563523.jpg

ネットで情報を探りながら、この病気と戦っているワンコがとても沢山いる事を知りました。みなさんの情報がとても役にたちました。そして、ほんとうに厄介な腫瘍だということも知りました。切除して済むものならば、とっとと切ってもらいたいけれど、場所が場所だけに、まずはステロイドでの治療を開始しました。ものによってはステロイドで腫瘍が無くなってくれる場合もあるそうです。『なくなってくれ〜っ!』
もし無くならなくても、まずは腫瘍が小さくなってくれればとの主治医の判断です。
f0143269_23593317.jpg

福助には大好きなお友達とのぶつかり稽古が、しばらく出来なくなりますし、会う人会う人にせがんでいた『なでて、なでて』が、なでてもらえなくなりますが、ちょっとがまんしてもらわなくては……。
f0143269_23441478.jpg

なにしろ日々のトレーニングでカラダだけは鍛えてあります!かんばろうね福助。

056.gifフレンチブルドッグひろばへ056.gif056.gifにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ056.gif

by fu_ku_su_ke | 2009-07-20 23:49 | 肥満細胞腫