ブログトップ

分子標的薬。

福助の鼻腔内腫瘍、放射線があまり有効ではなかったので、次の治療段階に進むことにします。分子標的薬をつかいます。
f0143269_10315486.jpg

分子標的薬パラディア錠。取り扱い注意です。ゴム手袋まで一緒に処方されています。直接触るな!ということです。犬用抗がん剤として最近発売されたものですが、福助が以前、肥満細胞腫という病気に罹った時に使おうとしました。その頃、日本では未承認でしたが、アメリカあるいはインドから輸入しようと!そう、本来は肥満細胞腫用の薬です。効能は『ガンの細胞が増えるのを抑制する』『ガンに栄養を運ぶ血管を作らないようにする』です。この「血管をつくらようにする」という作用があるため、薬はゴム手袋をして扱います。
f0143269_10321956.jpg

抗がん剤の一種でしょうが(※先生は「抗がん剤じゃない」といいます。ボクが「抗がん剤はやりません」と言っているから?)、従来の『ガン細胞だけでなく正常な細胞も攻撃する』のではなく、『ガン細胞の増殖を行う特定の分子だけを狙い撃ちするので、正常な細胞へのダメージが少ない』ということらしいです。ここにきて、5年前に未承認でも使おうと思っていた薬を、承認された形でつかうことになろうとは……。福助、長生きするもんだぜ!もうちょいがんばれば、もっといい薬ができるゾ!
f0143269_1032040.jpg

手術あとが塞がらず、鼻と口が繋がっているのは生理食塩水で洗ってすごします。なるべく食べ物が入らないようにしなければ。
f0143269_10321491.jpg

鼻からプシュっと入れると、すぐ口から出てきます。腫瘍で気管側がつまっているので、誤嚥の心配はないそうです。右だけね。
f0143269_1032913.jpg

目も結膜炎気味で目薬はじめました。福助の鼻腔内腫瘍はかなりめずらしいものだったようなので、同じ病気の方々の参考になりにくいですが、いろんな治療をやってみてますから、「なるほど、そんなのもあるのね」と参考にしてみてください。
f0143269_1032429.jpg

先生には『このレアなケース、是非治して論文に』とお願いしています。先生は『もう、勉強会では福ちゃん症例論議されてるよ』とおっしゃってました。さすがヤル男だぜ。

056.gifフレンチブルドッグひろばへ056.gifにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ056.gif

[PR]
Commented by patoママ at 2014-10-26 11:31 x
こんにちは。
先日は失礼致しました。。。。

福助くん ほんとに頑張ってますね、偉いなぁ。。。
ほんとに偉いよ 福助くん。

放射線は合わなかったのですね
癌の治療は手さぐりと言っても過言ではないから。。。

新薬の治療を始められるですね。
医学は日々進歩してると言いますが、有難いことです。
長生きはしたいものです。。。。

福助くんのお顔がとても凛々しく思えます。
とても強い子ですね
わたしも福助くんを見習います^^
Commented by よこ at 2014-10-26 14:01 x
分子標的治療薬は抗がん剤じゃないそーです。
例えばイレッサも分子標的薬のはずです。
抗がん剤でなくても副作用はあるし、心配です。
腫瘍を叩き潰して余計に強力になって、再発したときに暴れまわられている人をたくさん見ました。もし、副作用がきつくて体調をくずしたら、すぐにストップしたほうがいいように思います。
化学療法でどんどん体力は落ちていくのに、ガンは元気で転移してしまった人もたくさんいました。
医者でもないのにすみません。
Commented by vanilla88 at 2014-10-26 15:21
福ちゃん頑張ってますね!
うちの子ももうすぐ10歳。
自分だったら、どうするか考えながら拝見しています。
新しいお薬、効果がありますように。
神様、どうかどうかよろしくお願いします。

ご家族の皆様、お疲れさまです。
Commented at 2014-10-26 15:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ulalamomo at 2014-10-26 17:47 x
福ちゃん、遺伝子検査クリアだったんですね。
以前momoの場合も肥満細胞腫の術後の治療について、
治療計画の3段階目に分子標的薬の治療法があがってました。
ただmomoの場合には、おそらく遺伝子検査をしてもマイナスだろうということで
保留となったことがありました。
あのとき認可されていなかった薬も認可され、今はどんどん進歩してるんですね。

新しい治療法や進歩した治療方法がでてきて、
選択するのも非常に悩むこともありますが
わたしたち飼い主は病気そのものを治してあげられないけれど、
一緒に戦っていくのも、守ってあげられるのは飼い主ですものね。

これからも陰ながら福ちゃんの経過を見守っています。
分子標的薬の治療効果があることを祈っています。
Commented by midori at 2014-10-26 23:49 x
ゴー!ゴー!レッツゴー!フクスケ レッツゴー♪
ファイト オー ファイト オー ホームラン! オー♪

フクスケ君に拍手~
がんばれ~ やっつけろ~!!!
応援してるよー★
Commented by fu_ku_su_ke at 2014-10-27 06:52
★patoママさま。こちらこそ申し訳ありませんでした。福助、とてもがんばり屋さんなので、無理させずもうちょっとだけがんばってもらいます。
Commented by fu_ku_su_ke at 2014-10-27 06:57
★よこさま。一番最初に懸念される副作用は下痢です。福助にとって下痢は大問題なので、一度は先生に断りました。でも、使用したほうがいいと判断してのチャレンジです。すでにガンは暴れまわっていますから……。
Commented by fu_ku_su_ke at 2014-10-27 07:02
★vanilla88さま。日々、試行錯誤の連続です。なにしろ行った治療でスッキリとした結果を出せたものないですから……。挑戦の日々はもう少し続きますが、きっと勝利します。
Commented by fu_ku_su_ke at 2014-10-27 07:07
★ulalamomoさま。遺伝子検査の結果で薬の使用に踏み切った訳ではありません。放射線治療後もどんどん腫瘍に血液が供給される状態にあるため、なんとかそれを止めるためです。リスクもありますが放置する訳にもいかなかったので……。
Commented by fu_ku_su_ke at 2014-10-27 07:08
★midoriさま。声援、届いております!ありがとうございます。そろそろ、やっつけたいと思います!
by fu_ku_su_ke | 2014-10-26 10:45 | 鼻腔内腫瘍 | Comments(11)